お気軽にお問い合わせください
寺田町店06-6779-5959ACCES
桃谷店06-6731-1407ACCES

活用する

固定資産税や相続税などの増大に際し、不動産の保有コストは毎年増大する一方、地価は反対に下落傾向、いずれ処分すれば「何とかなる」という時代は終わりました。

今は、不動産の積極的な運営が必要な時代です。課税評価に比べて活用されていない貸地、貸家、遊休地などの資産は不良資産とも考えられます。現在の不動産の資産価値に見合った有効利用が必要です。

不良資産と優良資産の判断

STEP1

的確な不動産の
資産価値を判定

STEP2

保有コストを計算

STEP3

利用状況を収益
(賃料)で計算

STEP4

ステップ1・2・3の
結果から資産価値に
あった利用が図ら
れているかを検討

STEP5

相続の際の評価と
収益の比較を
考慮に入れ判断

優良資産へのステップ

  1. 不動産における資産評価を路線価などで算出します。
  2. 現在の固定資産税などの保有コストを計算します。
  3. 収入の上がっている不動産はその収益を計算します。また、利用されていない不動産は資産評価を基にして、期待される利回りを乗ずることによって期待収益を計算します。
  4. 資産内容・所得、家族構成や次世代の承継等、人的な背景も考慮に入れたうえで、資産価値にあった収益が上がっているか、図れるかどうかを判定します。
  5. 相続税評価額と相続税額を計算し、相続税の納税が可能か、分割継承が可能か資産継承の可否を検討し、引き継ぐべく資産か、処分を行う資産かを検証します。

☆更に、安全性・確実性・流動性を勘案した上で、節税対策も踏まえて対策を考え、実行し,納税・分割・節税のバランスをも考慮に入れて、不動産を優良資産へと変えていくのです。

不動産運用のポイント

  1. 取得・売却・投資により別の資産と組み換える。
  2. 土地のより良い有効活用(建築など)を図る。
  3. 貸地・貸家など複雑な権利の整理を図る。
  4. 事業としての再構築を図る。
  5. 承継をスムーズに行うため、相続対策を図る

不動産運用にお悩みの方への不動産コンサルティング、不動産投資の様々なお悩みに関する手助けをいたします。

⇒無料相談・面談予約

営業時間 平日:9:30-18:00 土日祝:9:30-15:00

寺田町店 06-6779-5959
桃谷店 06-6731-1407